~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙人のGW映画三昧③…「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

2006年05月08日(Mon) 04:05:29

何も書けません。涙で目が痛いです。
スポンサーサイト

忙人のGW映画三昧②…「風の谷のナウシカ」

2006年05月05日(Fri) 02:27:13

風の谷のナウシカ、見終わりました。こう見えて、ジブリの作品結構好きな僕ですが、これをちゃんと見たことはありませんでした。
ジブリの作品って哲学的なものが多いですね。特に環境問題をテーマとしたものが。この作品も、人間と自然の共生と言ったところでしょう。

この映画と実世界の大きな違いは、「善悪の境界がもっと曖昧な点」「ナウシカと風の谷の人々ほど力を持っていない点」だと思います。

映画の中では、自然を支配せんとする人間が割りと「悪」に描かれていましたが、実世界では自然の観点から物事を見ることの出来る人間が少ないため、善悪の基準がもっと曖昧な気がします。

また、自然と共生している地球上の農村部で暮らす人々がナウシカのように大きな影響力を持っていないことも大きな違いかと思います。

でも、僕の価値観から言ったらやっぱり、風の谷の人々のように暮らすのが正しいと思いますよ。

「あなたは殺しすぎよ」

GW映画三昧計画

2006年05月05日(Fri) 00:14:13

昨日のシービスケットから初めて、GWは映画を見ようと思います。とはいえそんなに暇でもありません。バイトです。みんなが休みの日に働いて、みんなが働く日に旅でもしたいと思っています。

とりあえず、予定としては「シービスケット(完)、風の谷のナウシカ、ショーシャンクの空に、海辺の家、この森で天使はバスを降りた、ダンサー・イン・ザ・ダーク、千と千尋の神隠し」あたりを見ようかな、と思っています。

今からナウシカ見ます。6時間後までに、バイト出発しなくちゃなりません。寝れん…。大丈夫かな??

忙人のGW映画三昧①…「Seabiscuit」

2006年05月04日(Thu) 02:21:48

レンタルDVDでシービスケットを見ました。なかなか良かったですね。これが実際にあった話をもとにしていると言うんだから驚き。世の中に、奇跡ってもんがあるのかもしれません。

この映画からは馬の言葉が伝わってくるような気がしました。彼(シービスケット)の感情がうまく表現されていたと思います。

「わずかな怪我で、命を奪う事はない」

するめ映画

2006年03月11日(Sat) 19:08:34

昨日、今更ですけど「踊る大走査線 The Movie2」のDVDを買いました。今更って言うのは、時期的なこともあるんですけど、僕はこの映画10回以上は見ています。映画館で3回、レンタルで5回、学校でも4回くらい(定かではないですが…)見てます。そして、毎回泣いています。

なんと言っても、和久さん(いかりや長介さん)の演技は素晴らしいと思います。お笑い出身で、決してカッコいい路線を歩んできたわけではない彼が、ここまで渋く、素敵な演技が出来ることは、男として理想です。きっと素晴らしい年の取り方をしてきたのでしょう。亡くなってしまったことを本当に残念に思います。

この映画を見ると、「人のために泣ける事」「人のために怒る事」「人のためにがんばる事」の大切さを感じさせられます。

日本の実写映画No.1ですから、見た人も多いと思いますが、見ていない人は是非。見た人も、何度見ても面白い「するめ映画」なのでもう一度見てみては!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。