~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この素晴らしき世界

2006年05月09日(Tue) 01:26:20

「どの曲が一番好きなの?」と聞かれることがよくあります。ミスチル以外なら、結構答えられる質問だけれど、ミスチルに関しては困ります。はっきり言えば、全部好きです。もちろん、お気に入りの曲はあるけれど、その時の気分で変わるものです。

とは言え。僕はアルバムの「It'a Wonderful World」に凄く惹かれます。全体的にどことなく悲しいイメージを纏ったアルバムな気がします。失恋…と言うか、恋人と付き合って、互いに無関心になり始めた、そんな時期の歌が多いです。

「ファスナー」とか「渇いたkiss」、「UFO」、「Bard Cage」なんかはモロそんな感じですね。桜井さんはこの時期そんな感情を持っていたんでしょうか?

ファスナーでは「欲望が苦し紛れに次のターゲットを探している。でもそれが君じゃない事」なんて言っちゃてるし、「UFO」も「奇妙な光」で互いの気持ちが離れていくのを誤魔化している、なんて感じも受けました。「Bard Cage」でも「話し合ったって何一つ、分かり合えないけど、終わりにするって答えだけは同じ」とか歌ってるし。

極めつけは「渇いたkiss」。
出だしの「ベッドに沈黙を連れて来る。もううんざりしているのは僕だって気付いている」とか「君が最後の答えを口にしてしまう前に」なんてかなり直接的な表現。

ここから僕の解釈ですが、
「誰かが禁断の実、摘み取り、再び次の果実が実る」→「この恋の終止符を摘み取られて、他の誰かへの想いが実っている」
「よくあるフォーマットの上、片方の踵で乗り上げてしまう」→「ありふれた恋人同士の別れの直前に迫っている」
みたいに捉えちゃいます。

それでも「渇いたkiss」で最後の答えを塞ぎたかったり「ある日君が眠りに着くとき、僕の事を思い出せばいい」だとか「全ての思いを断ち切ろうとするたび、纏わりつくような胸の痛み」なんて未練を残してしまう。そんな想いが伝わってくるような気がします。
スポンサーサイト

蘇り

2006年05月03日(Wed) 15:11:31

「そう、何度でも何度でも僕は生まれ変わっていく。」

「叶いはしない夢を見るのはもう、やめにする事にしたんだから、
今度はこのさえない現実を夢見たいに塗り替えればいいさ。」

Mr.children-蘇生より

まったく…どうしてこうも心のど真ん中を突く唄を、彼は歌う事ができるのか…。

そう!そう!きっと僕も何度でも、生まれ変わる事ができるはず。強く、強く、強く、ならなくちゃならない。

-僕は今、もう1度生まれ変わる。

そういや書いてなかった…。

2006年04月27日(Thu) 02:18:15

そういや、今まで全く書いていませんでしたが…僕はミスチル好きです。浪人時代(大学入るまで1年間、浪人生活してました)、落ち込んだりした日に、12時間ぶっ続けで全アルバム聞いていたこともあります。浪人って結構しんどいもんでね。自由っちゃ自由なんだけど、予備校は放任主義だったから、常に自分で考えて行動しないと、親のスネカジリになっちゃう。だから、いつも色んなことを考えていたんだけれど、それに疲れることもよくあった訳で。そんな時にはいつも助けられてました。もちろん、今でも落ち込んだときや、元気がないときは助けてもらっています。

ところで、昨日からトヨタのCMで新曲が流れてますね、「箒星」。トヨタのサイトで聞いたんですが、やっぱいいですね。今回の曲の感想は、随分ストレートな曲だなぁ…って思いました。「前向きに行こうよ」っていうメッセージだと、僕なりに解釈してますが、ミスチルが歌うと卑屈に受け取らなくて、素直に受け取る事ができます。

メッセージ的にはよくあるような感じですが、ミスチル以外の曲だと、すごく楽観的に聞こえてしまって(もちろん、それがいい時だってたくさんあるけど)なんとなく受け入れがたいんですよね、落ち込んだりすることが多い僕にとっては。
だけど、桜井さんが歌うと、「きっと辛い事だって、悲しい事だってあるけど、それでも前向きに」っていうメッセージが心に染み込んでくるような気がして、ほんとに素直に受け取れることが出来ます。

早く曲の全貌が知りたいような、このままずっと待っていたいような…。トヨタのコンセプトの「壁をトビラに変える」ってのも凄くいい感じですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。