~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱をかけること。

2006年02月24日(Fri) 22:55:54

オリンピックを見てて思ったけど、やっぱり、情熱や強い意志を持って何かに取り組む事は素晴らしい、と改めて感じた。例え、メダルが取れなくても、入賞でなくとも、予選で敗退したとしても、やっぱり自分の人生を賭して、何かを得ようとする姿勢は素晴らしいと思う。そして、自分もそんな風にして生きて生きたいと思った今日この頃。
スポンサーサイト

白川郷・金沢4日目(Last)…「赤レンガ銀行」

2006年02月11日(Sat) 18:57:25

赤レンガ銀行

大仏の近くの町を廻る。なんだかタイムスリップしたような感じを覚えた。街中には赤いレンガの銀行があった。疲れていたためこれで家へと帰宅した。

白川郷・金沢4日目(2)…高岡の大仏様」

2006年02月11日(Sat) 14:50:31

高岡大仏

金沢の見たいところは見尽くしたので、今日は帰る前に高岡に寄った。この町も、古い街並みが残っている。
町の中には、大仏もある。しかも、見学費などはとらず、公園の中に大仏があるような感じ。

白川郷・金沢4日目(1)…「最高のらーめん」

2006年02月11日(Sat) 14:39:34

麺屋達

今回の旅は今日が最終日。片町付近でうろうろした後、金沢駅の近くにある「麺屋達」というラーメン屋で昼食を。

ここのらーめんが、旨い!!平日にもかかわらず、行列も出来ていた。こってりとしてはいるが、後味はとてもいい。ご飯にスープを混ぜて食べると美味しいと書いてあったので、ライスも注文。今までは混ぜて食べた事はなかったが、これも美味!ここのラーメン、是非ご賞味あれ。ただし、大盛りはかなり多いので、注意!(後ろに人がいると恥ずかしい)おそらく、「麺中盛、卵、ライス」がベストだと思われる(個人的意見)。

白川郷・金沢3日目(9)…「やっぱりラーメン」

2006年02月10日(Fri) 20:31:12

らーめん、ほくしん

とにかく寒かった。体を温めるにはやっぱり、ラーメンしかないと思った。駅近くの「ほくしん」というラーメン屋に入る。なんでも、東京の環八に行列が出来るとのコト。

味は…微妙。チャーシューがたくさん乗っていたが、全部食べきるのはやや大変。居酒屋も兼ねているらしい。

この日はこれで就寝。

白川郷・金沢(8)…「夕暮れの茶屋街」

2006年02月10日(Fri) 17:24:42

夕暮れの主計茶屋街

武家所跡から金沢の中心に戻ると、もう夕暮れであった。ちなみに金沢は中心からそれほど離れていないところに見所が集中しているため、非常に観光がしやすい。今回は、夕暮れの茶屋街を目指した。

まず、ひがし茶屋街の夕暮れを見た。近くに自由軒という食堂があり「醤油味のオムライス」をいただき、時間をつぶす。

その後、浅野川に面している主計茶屋街を見る。なんと綺麗な事か…。

白川郷・金沢3日目(7)…「武士の道は静かな道」

2006年02月10日(Fri) 16:18:46

武家所通り

あめ屋を過ぎるとすぐに、武家所通りに着く。非常に綺麗なところであった。こちらも人が少ない。ここの近くに武家所跡という屋敷があり中を見学できたので入ってみた。ここの中の庭園も小さいながら美しく、昔の人の日本人ならではのセンスに感銘を受けた。

白川郷・金沢3日目(6)…「あめ屋さん」

2006年02月10日(Fri) 15:10:01

俵屋あめ

昼食を宇宙軒食堂というところで取る。ここの「とんばら定食」というメニューは、シンプルであるがとても美味しい。昼飯をすました後は、武家所跡に向かう。近づくにつれて、徐々に昔の街並みに戻っていく。茶屋街とは、また違った趣。

写真は観光本でも有名なお店。しかし中に入っていない…。

白川郷・金沢3日目(5)…「観光の定番・兼六園」

2006年02月10日(Fri) 14:59:54

兼六園1

金沢城をふらっと見学した後、兼六園へと入る。もっと雪が積もっている景色を想像していたのだが、思った以上に雪が解けていて少し残念。しかし、それでも、この庭園の雄大さと、繊細さには少し感銘を受けた。

白川郷・金沢3日目(4)…「観光の定番・金沢城」

2006年02月10日(Fri) 13:56:41

金沢城

ひがし茶屋街の後は、金沢観光の定番である金沢城と兼六園へ向かう。雪化粧をした金沢城はなかなか風流である。ちなみにここの近くで試食したあんころ餅が美味しかったのでお土産として買ったら、観光バスのおじさんに「あぁ、そこのあんころは旨いよ」などと話しかけられ、「学生さん?」などの質問にあいしばらく会話。

白川郷・金沢3日目(3)…「古き町並み、ひがし茶屋街」

2006年02月10日(Fri) 12:47:20

ひがし茶屋街1

浅野川を通り抜けて、観光用のポスターなどでも有名な「ひがし茶屋街」にたどり着く。思ったほど人はいない、ってか、ほとんどいなかった。吹き抜ける風は冷たかったが、どことなく懐かしさがこみ上げてくる光景であった。

白川郷・金沢3日目(2)…「清らかな流れ、浅野川」

2006年02月10日(Fri) 09:47:31

浅野川

近江町市場を抜けると、浅野川が眼に入る。豊かな水量。清らかな流れ。この川は「女川」という別名を持つという。柔らかな流れをあらわした名前である。

白川郷・金沢3日目(1)…「活気の市場」

2006年02月10日(Fri) 09:38:51

近江町市場

朝起きると、金沢は雨であった。おとといの大雪もかなり溶けてはいたが寒さは変わらなかった。ホテルから少し歩くと、近江町市場に着く。ここは人の活気で暖かかった。つまみ食いで食った甘えびが美味しかったなぁ。

白川郷・金沢2日目(6)…「金沢の夜は、らーめんの夜。」

2006年02月09日(Thu) 22:05:09

一喜らーめん

白川郷から金沢に戻ると、もう真っ暗。今夜の夕飯はまたもらーめんに。金沢駅から歩いて10分程度の「一喜」に行く。メニューは、ちゃーしゅー麺のみ。味はそこそこ。値段は比較的安めであった。この日はこれでホテルに戻り就寝。

白川郷・金沢2日目(5)…「バイバイ、白川郷」

2006年02月09日(Thu) 17:20:27

白川郷8

今日は、「五時発、金沢行き」のバスに乗る予定だったので、それまでゆっくりしようと思っていた。お食事処で、トチバ味噌なるものを食べると、これが美味しい。
なんて、ことをしていたら、家から電話が。内容は「金沢行きのバスが雪崩れで運休になった。」とのコト。どうしようと思う反面、ある程度は覚悟していたので、大して驚きもせず。いざとなったら、どっか民宿に泊めてもらえばいいや、なんて思っていた。
お土産屋を少し見て周った後、観光総合案内所で色々聞くと、高岡行きのバスが、ルートを変えてはいるが、出ているとのコト。時間はギリギリだったがなんとか、乗る事に成功。高岡経由で金沢に向かう事に。

ばいばい、白川郷!

白川郷・金沢2日目(4)…「合掌造りの内部」

2006年02月09日(Thu) 16:27:55

白川郷7

突然ですが、僕は建築に興味があって。今回の白川郷も日本の文化的な建築を見るために来たところもある。今日は、合掌造りの内部を見学。柱はもっと太いと思っていたが、意外に細かった。昔ながらの囲炉裏が風情。

白川郷・金沢2日目(3)…「美しき日本の情景」

2006年02月09日(Thu) 14:26:03

白川郷6

展望台に着く。雪はやんでいた。展望台には何人かいたが、少ししたら自分だけとなった。この光景はよく、ポスターや写真で見かけるが、実際見るのはそれと大きく異なる。静寂の中で、どこからか懐かしさがこみ上げてくる。これが日本の、残さなければいけない情景。

白川郷・金沢2日目(2)…「太陽の薄化粧」

2006年02月09日(Thu) 11:22:26

白川郷5

今日は合掌造りを見渡せる展望台を目指す。シャトルバスで行けばすぐだけど、あえて歩く事にした。展望台までの道のりは山に囲まれた道を行く事に。ここは、天候が変わりやすい。空の太陽も、ときどき雲に隠れてしまう。薄雲から顔を出す太陽は神秘的。

白川郷2日目(1)…「白銀の世界」

2006年02月09日(Thu) 08:55:55

白川郷4

白川郷で朝を迎える。今日は晴れ。昨日の豪雪がうその様に晴れ渡った。9時ごろ民宿をチェックアウト。空を見上げるとすがすがしいほどに晴れた空。気持ちいい…。そばの木々も綺麗な雪化粧。

白川郷・金沢篇1日目(4)…「やさしいひかり」

2006年02月08日(Wed) 19:24:19

白川郷3

白川郷を見て廻って、宿に到着。せっかく白川郷に来たので、合掌づくりの民宿に泊まることに。しばらく宿にいると白川郷は夜を迎える。ライトアップの日ではないが、合掌づくりの窓から漏れる明かりがやさしく感じる。

白川郷・金沢篇1日目(3)…「懐かしき街並み」

2006年02月08日(Wed) 15:10:24

白川郷2

バスを降りて、白川郷を見て回る。観光客がいるとはいえ、静かなところ。雪はしんしんと降り続ける。静かな情景。白川郷に存在する街並みもどこか、懐かしいものを感じさせる。

白川郷・金沢1日目(2)…「冬の合掌づくり」

2006年02月08日(Wed) 10:53:05

白川郷1

金沢を午後2時に出て、高速バスで白川郷へ。しかし、凄い雪。バスの窓が真っ白になり、見えなくもなった。それにしてもバスはかなりのスピードを出す。雪に慣れているこっちの地方の人だからかな。1時間半程度で白川郷に到着。

宿に向かう前に、いろいろ見て回ります。白川郷は「合掌づくり」で世界遺産に登録された。合掌づくりの名の由来は、手を合掌したときの形に似ていることから、その名がついたらしい。これを見ていると、なんだか懐かしい気持ちになる。

白川郷・金沢篇1日目(1)…「北陸の地へ」

2006年02月08日(Wed) 10:25:42

金沢駅

こんな寒い季節。ふと、雪が見たくなる。ふと日本の情景に触れたくなる。それが今回の旅のきっかけ。僕は、世界遺産にも登録された白川郷へと旅立った。

白川郷へは、金沢から高速バスで向かう。北陸フリー切符というチケットを使ったため、金沢までは新潟県の越後湯沢を経由して金沢駅まで向かう。

2月8日の北陸は大雪であった。越後湯沢から金沢まで向かう「特急はくたか」も雪で遅れた。まぁ、なにはともあれ、金沢駅に到着。

伝統らーめん

2006年02月07日(Tue) 13:20:26

今日は新宿へ行きました。前々から「麺屋武蔵」のらーめんを食べてみたかったのですが、たいてい混んでいたので、いつも止めていました。今日は、平日のしかも4時という時間だったため、ほとんど並ばずに入りました。店の中もなかなかいい雰囲気…。

しばらくして、らーめんが運ばれます。味はというと…「ん、やっぱり、うまい!」って感じでしたね。魚系のだしが効いたらーめんでした。個人的にはとんこつが一番と思っていたんですが、醤油でもここまで味を出せるのにはちょっと驚きでした。

ラーメン甲子園、5回戦

2006年02月02日(Thu) 22:52:22

まるとや

大学のテストは昨日で終わりでして、今日はバイトでした。ここ何日か、連続でラーメンを食べ続けていますが…バイト後に、またまたセン北のラーメン甲子園へ。

今日は「まるとや」で「醤油ちゃーしゅーめん」を注文。そのお味はというと…ん!なかなかです。麺はやや太めで、スープがなんと言っても美味しいです。程よく焼いてあるチャーシューのおかげか、とても香ばしい!こんな感じのらーめんは初めてですね。若干、油が多めなのが気になりましたが…。

ラーメン甲子園、4回戦!

2006年02月01日(Wed) 22:59:53

徳福

「源屋」を食べ終わった後、大学に戻り再びテストを受けます。今年度の試験はこれで終わり。でも、大して試験勉強をしていない僕は、試験が終わっても、達成感はありませんでした。

さて、試験後にはカラオケに寄り再び、ラーメン甲子園へ。今度は「徳福」へ。とんこつばっかだったので、味噌を注文。味は…ん~普通というか、独自性がないように感じました。とんこつの方は違うのかな?<

ラーメン甲子園、3回戦!

2006年02月01日(Wed) 22:47:59

源屋

朝、大学のテストを終えて、今日も引き続きラーメン甲子園に向かいます。今日は「源屋」。この前の「筑豊一代」と同じく福岡ラーメンです。細麺でとんこつ味。筑豊一代と比べると、こってり目。個人的には、筑豊一代の方がおいしいかなと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。