~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界点

2006年04月24日(Mon) 10:59:01

今、学校に行かずに、ブログを書いていたり。正直、しんどい。最近学校に全く興味を持てなくなってしまった。1、2年で単位はかなり取っているので、卒業とかには問題ないけど、このままじゃマズい。人間的にね。

つーか、ほんと将来に迷っている。こんなんで会社員とか出来るのかなぁ。コツコツと何十年も満員電車に揺られ事務作業なんてスゴい事、自分に出来る気がしない。ほんとに親はスゴい。

どーすればイイのか?自分の将来。どこまで出来るのか?自分の限界。

ところで、最近、「旅写真」という雑誌(ニューズ出版)を買って読んでます。その本で、「写真家たちの旅」というコーナーが組まれているんですが、ある写真家(星野道夫さん)がこんなことを書いていたんです。

「もし本当にやりたいことがあって、少しでも可能性があるならば、とりあえず力いっぱい突っ込んでみたい。
もしはね返されたのなら、それはそれで何かを学ぶことができるはずだ。」(文:星野道夫氏)

まぁ、こんな内容の事はよく聞きますが、本当に挑戦している人の言葉だと重みも違ってきます。

この文を見ると、勇気をもらう反面、すこし臆病にもなる。自分の可能性…どれくらいあるだろう。ほんとに未来が怖い。もう21歳なんだからいい加減将来を見据えてなきゃいけないんだけど…。

ホントにどうすっかなぁ…。
スポンサーサイト
前の記事
外の世界
次の記事
優しさの根源

コメント

閉ざされたドアの向こうに新しい何かが待っていて
壁をトビラに変える
by 日覇夢
URL
2006-04-24 月 20:26:26
編集
kokoro
>日覇夢さん

いや~いいね。「壁をトビラに変える」って。震えが来たよ。今年もミスチルに何度となく助けられるんだろうなぁ。問題はそれだけの力があるかってことだ。
by ロマンB型
URL
2006-04-24 月 21:01:38
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://drymind.blog49.fc2.com/tb.php/120-3199292d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。