~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生きていると言う幸福感」を味わう幸せ。

2006年04月26日(Wed) 01:42:11

「楽天的に見える。」とよく言われる俺だけど、こう見えて結構悩みは多かったり。

ちょっと前までは、よく「自分が生きてる意味」とか考えちゃったりしてて。だけど、そんなもんいくら前向きに考えたって、答えなんか決して出やしないもんじゃない。で、結局難しく考えたり、卑屈になって、自暴自棄になっちゃうことも多々あった。

「人が生きる意味」そんなもの、俺なんかに分かる訳ないと思う。
「俺がここにいる意味」そんなもの、ないんじゃないかって俺は思う。

だけどね、あまりに雄大な自然を目の当たりにしたとき、あまりに繊細な生態系に触れたとき、そんな考えが、まるで珈琲に溶けていくミルクのように薄くなっていく。

根っこが地面に伸びて、花を咲かせる。川の魚が、昆虫を食べている。人が生きる事は、それと大きな差はない…いや同じだと思う。そしてそれを感じるべきだと思う。

人間はそうやって生きていくべきだと思う。
スポンサーサイト
前の記事
そういや書いてなかった…。
次の記事
Distance

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://drymind.blog49.fc2.com/tb.php/131-9b2e0be3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。