~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落日

2006年05月03日(Wed) 21:44:39

落日を追いかけるように
届かない事分かっては
また塞ぎ込む

陽はまた昇る
止まない雨はない
出口のないトンネルはない
では、この痛みは、太陽か?雨か?トンネルか?

しとしと降る雨を
恨めしそうに見上げて
また塞ぎ込む

もし、それが本当にないのならば
一体誰が「絶望」という言葉を作ったのだ?
誰が受け継いできたのだ?
そして、この悲しみは、絶望なのか?

結局、僕は落日に向かって走っている

追いつかない事なんて
分かっているはずなのに

届く事なんてないこと
分かっているはずなのに

手に入るはずなんて
分かっているはずなのに

なのに、なのに、太陽が光っているから
僕に向かって優しい光を投げかけてくるから
僕はまだ走っている
届くかもしれないという妄想を抱きしめて
その先にある、地獄の存在に気付きながら
スポンサーサイト
前の記事
忙人のGW映画三昧①…「Seabiscuit」
次の記事
蘇り

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://drymind.blog49.fc2.com/tb.php/139-1522f791
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。