~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙人のGW映画三昧②…「風の谷のナウシカ」

2006年05月05日(Fri) 02:27:13

風の谷のナウシカ、見終わりました。こう見えて、ジブリの作品結構好きな僕ですが、これをちゃんと見たことはありませんでした。
ジブリの作品って哲学的なものが多いですね。特に環境問題をテーマとしたものが。この作品も、人間と自然の共生と言ったところでしょう。

この映画と実世界の大きな違いは、「善悪の境界がもっと曖昧な点」「ナウシカと風の谷の人々ほど力を持っていない点」だと思います。

映画の中では、自然を支配せんとする人間が割りと「悪」に描かれていましたが、実世界では自然の観点から物事を見ることの出来る人間が少ないため、善悪の基準がもっと曖昧な気がします。

また、自然と共生している地球上の農村部で暮らす人々がナウシカのように大きな影響力を持っていないことも大きな違いかと思います。

でも、僕の価値観から言ったらやっぱり、風の谷の人々のように暮らすのが正しいと思いますよ。

「あなたは殺しすぎよ」
スポンサーサイト
前の記事
忙人のGW映画三昧③…「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
次の記事
GW映画三昧計画

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://drymind.blog49.fc2.com/tb.php/142-eff832e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。