~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州1日目:「18切符で九州・小倉へ」

2005年08月08日(Mon) 14:24:07

九州へ向け旅立ちの日を迎えました。東京(町田)から九州までは青春18切符を使い行きます。最寄駅を始発で経ち、終電で小倉(福岡県)ならば、なんとか到着可能なのです。これであれば3000円以下で行くことが可能です。ただし、「乗車時間19時間」は否めない、そして、「乗り換えを一つでもミスると九州上陸はできない」というリスク付きですが。

小田原までは電車が混み、自転車を乗せているので、さすがに「申しわけない!」と思いました。小田原を抜けると人はがくんと減り、窓から海が見えるようになります。この時本当に「胸が期待でいっぱい」という言葉の意味を知ったような気がしました。基本的に、電車内では、デッキに自転車を乗せて、僕は立っていたわけですが、物珍しそうに周りの人が見ていきます。中には話しかけてくる人もいるわけで、あるおじさんとは30分近くも色々な会話をしたりもしました。

その後、熱海→静岡→浜松→米原→京都→大阪、と順調に距離を伸ばしていきます。心配であった乗換えも割とスムーズに。京都や大阪のあたりはさすがに混みます。周りが徐々に関西の言葉になっていくのを聞いて、遠くまで来たことを実感しますね。
大阪を抜けると、大阪→姫路→岡山→広島→徳山と続きます。余談ですが、広島はマジで美人が多かった気がします。徳山のあたりでもう空は暗くなっていました。
徳山を抜け、列車は下関を目指す。このあたりの電車になると乗車客は1車両に4人とかになります。座席に横たわって寝ることも可能でしたよ。
下関で乗り換えると小倉までは15分程度。到着時間も12時5分であり、18切符が使えるぴったしの時間でした。

まぁ多少はきついものがあったけど実際に乗ってみると、期待が胸を埋め尽くしていてあっという間だったような気がします。さて、これから、いよいよ「自転車九州1周の旅」が始まります。
スポンサーサイト
前の記事
九州2日目(1):「果てない冒険の始まり」
次の記事
2005年、夏、九州。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://drymind.blog49.fc2.com/tb.php/53-71617a40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。