~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州4日目(3)…「偉大な自然の雄大な遺産・後編」

2005年08月11日(Thu) 15:42:01

高森駅から眺めのいい高地を駆け抜けると、高千穂に辿りつきます。この高千穂は、出発前から楽しみにしていた場所です。まず、高千穂峡に入る前に、高千穂神社という所により、旅の安全を祈ってきました。そして、鋭い下りをブレーキいっぱいに下ると高千穂峡に到着します。高千穂峡は、切り立った崖を間に川が流れており、そこに注ぎ込む滝が美しい、素晴らしい名所です。自転車を駐輪場に止め、高千穂峡を歩き回りました。流れ落ちる滝の音、ささやかに流れる川の音、見上げると首が痛くなりそうな程の雄大な崖、もう何も言うことはありませんね…。

高千穂で何時間か過ごした後は高千穂鉄道で宮崎まで移動しました。自転車で行こうとすると山を幾つか越えないといけない上に、道が整備されてなく危険らしいのです。延岡で乗り換えて宮崎の一つ先の駅で降りました。高千穂峡

スポンサーサイト
前の記事
九州4日目(4)…「あくなきロマンの探訪」
次の記事
九州4日目(2)…「偉大な自然の雄大な遺産・前編」

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://drymind.blog49.fc2.com/tb.php/68-c1b9e0f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。