~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州5日目(3)…「そこには、ただ青が広がっていた。」

2005年08月12日(Fri) 15:50:36

かなり厳しいアップダウンを経て、都井岬に到着。まず、驚いたのが野生の馬がそこらを歩いている事、馬糞が道の真中に山ずみになっている事です。人間じゃなく自然が優先されているんですね。馬を横目に進むと、ホテルが見えます。こんなところにホテルがあるんですね~。入り口で声をかけられたので家族連れの人たちと話した後、500円払って温泉に入りました。この温泉、なかなか気持ちよく、疲れをゆっくり癒しました。人がいなかったので泳いだりもしました…。

温泉からあがるとホテルに泊まっていたおじさん達と話をしました。なんでも昔、バイクで九州1周したとか。「折りたたみ自転車です。」って言ったらビックリしてました。九州内の色々な情報を教えてくれたんですが、ひとつガッカリなことが…。なんでも九州内のいくつかのフェリーがなくなっているとのこと。これだと指宿に行く事が困難になりました。あと、日本四州最南端の佐多岬に行くは、自動車専用道路しかなく自転車で行く事は不可能だということ。まぁ、かなりショックですが旅にはトラブル、変更はつきものです。

次の予定地、桜島を目指して出発したはずなんですが、道を間違え岬の先端に行ってしまいました。でも、これがいい間違いだったみたいで最高の景色を見ることができたのです。岬にある展望台に入ると、周囲の景色が一望できます。もう、水平線さえ見えないや…この先にはきっと、もっと知らない世界があるんだろうなぁ。
スポンサーサイト
前の記事
九州5日目(4)…「猿と馬と人情の岬を後に」
次の記事
九州5日目(2)…「光と暗闇の狭間を駆け抜けろ!(後編)」

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://drymind.blog49.fc2.com/tb.php/72-45eb1d1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。