~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州7日目…「ひたすら走る事はがむしゃらに生きる事。」

2005年08月14日(Sun) 15:55:27

桜島の次の目的地、天草を目指して出発します。熊本県の牛深という都市から天草入りをするのが普通なんでしょうけど、僕はそこを通り過ぎて、八代という所からフェリーで行く事にしました。というのも、過去に四台公害病が発生した都市として有名な水俣市を見ておきたかったからです。天草は遠いので2泊ほど野宿をします。

再び、鹿児島に戻り、ただひたすらに進みます。何時間か進むと「湯の華温泉」という温泉を発見。迷わず入ります。そして、ここがなかなか…。打たせ湯があって、重い荷物を持って、こりまくっている肩をほぐしてくれました。温泉を出てさらに進みます。やがて辺りが暗くなってきます。途中の吹上浜という所で再び温泉に入り、食事をすると外は真っ暗に。それでも僕は走り出します。それから、また数時間進み川内駅という駅に着きます。終電が行き過ぎるのを待って、駅の外のベンチにビニールシートを引き、就寝です。この駅なかなかいい雰囲気でした。この日は、ほとんど走ったわりには、あまり距離を稼げませんでした…。
スポンサーサイト
前の記事
九州8日目(1)…「疲れはこころを蝕んでいく(1)。」
次の記事
九州6日目(2)…「南の都市・鹿児島を観光。」

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://drymind.blog49.fc2.com/tb.php/77-33ff0cca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。