~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州13日目(1)…「悲しき歴史の街、だけれど強い街。」

2005年08月20日(Sat) 12:11:27

旅の13日目は、雨。それも簡単に止むような雨ではなかったので、電車を使う事に。一気に博多まで行く事にしました。もし、時間があれば、ゆっくりしていきたかったんですけどね…ホントに。雨でなければ「浦上天主堂」などに行きたかったんですが、「原爆記念館」を選択しました。いつぞやの修学旅行でここに行った事はありますが、一人で行くとまた別物です。戦争について感じ取ったことは計り知れないものでしたけど、ここで書くことはやめておきます。とても書ききれません。別の日づけに書くと思います。

その後、雨の中をレインコートで突き進み、「平和公園」をグルッと回った後に電車移動しました。それにしても、自転車旅行は天候に大きく左右される事に、今更ながら気付きました。

長崎・原爆記念館

スポンサーサイト
前の記事
九州13日目(2)…「そこは終着点。そして、最後の都市。」
次の記事
九州12日目(5)…「僕の国際都市、Nagasaki」

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://drymind.blog49.fc2.com/tb.php/92-cdd73519
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。