~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州12日目(5)…「僕の国際都市、Nagasaki」

2005年08月19日(Fri) 20:10:40

長崎で泊まったユースホステルでは、アメリカから来た人と相部屋でした。しかも、ガッツリ英語です。僕の足らない英語力でなんとか頑張りました。なんでも、日本の観光をしていたそうです。小田原を観光した後、長崎に来たそうです。いやぁ、部屋には2人しかいなかったから、本当に英語だけでしたねぇ…。しばらくして就寝しました。

九州12日目(4)…「お菓子と美しい街並みの町、長崎。」

2005年08月19日(Fri) 18:10:06

長崎の街の中心地に到着!中学だか高校だかの修学旅行で来たのを思い出します。…でも!一人で来るほうが何故か感動しますね。街並みもあのころより美しく思えます。まずは、色々とお土産を買いたかったので、鹿児島で、少しお土産を買ったんですが、よく考えたら足りなかったので。まぁ、長崎といったらまず、カステラですか。おそらく、最も有名なカステラのお店「松翁軒」に行きます。300年近く続く、老舗のお店です。行った事ある人も多いんじゃないでしょうか?ここで、「カステラ」「チョコラーテ(チョコ味のカステラ)」「挽茶カステラ」を買います。荷物として持っていくのには限界があったので、郵送することにしました。他のお店も見たかったので、一旦出て、別の店を見てから購入しました。そしたら、2回も試食を出してくれたんですねぇ…。ただで、4切れも食べさせてくれましたよ。

別のお店というのは、「岩永梅寿軒」です。「めがね橋」を渡った所にありますここもお菓子の老舗ですよ。ここでは、ゼリーを買いました。というのも、生冷菓子のいよかんゼリーがとても美味しそうだったからです。生冷菓子は保存が無理なので、実際に送るのは別のものです。僕は、いよかんゼリーを買って食べました。これがうめぇ…。弾力があって、さっぱりしています。ここのカステラも有名らしんですが、さすがにもう売り切れてましたね。…と思ったら、お店の方がこっそり残しておいたのを、一切れだけくれました。いやぁ、旅をしているとこういうことがよくあるんですよね~。本当に嬉しい瞬間です。

めがね橋

九州12日目(3)…「あぁ、長崎は今日も雨だった。」

2005年08月19日(Fri) 14:09:18

「長崎は今日も雨だった。」そんな唄が昔あったような…まぁ、それはともかく。

一旦は太陽も見えたんですが、案の定、雨がちょぼちょぼ降り出しました。それでも、西諫早までは絶対、自転車で走ると決めました。国道251線を走り、さらに国道57号線に乗り込みます。辛いのは、食事でした。雨が降る前にできるだけ距離を稼いでおきたかったのでろくに食事をしません。朝飯はもちろんなしで昼飯は蒸しパン一個。スーパーの袋に入れてハンドルに引っ掛けます。そして、信号待ちなどのときに、そこに手を突っ込んで食べる、といった具合です…。

途中、雨が強くなってきたので、近くのタバコ屋の軒先で雨宿りしていると、もう一人自転車に乗った人が。面白い出会いなんで、少し話をしました。なんでも、母親が日本人で父親がアメリカ人のハーフの方でした。普段はアメリカに住んでおり、今は長崎観光中だそうです。しばらくすると、雨が弱くなってきたので出発、その人とはそこでお別れです。

なんとか目標の西諫早には到着。でも、まだ時間にも体力にも余裕があったので、自転車走行することに。とりあえず、かっ飛ばします!今度は国道37号線に入ります。20kmぐらいすると、長崎の街並みが見えます。しかし…長崎は坂が多い!!上ったり下ったりで大変です。

ところで、途中に腹切坂とか言う場所がありました。この名前の由来を看板で読みます。う~ん、なんというか…。いろいろなところにいろいろな歴史があるんですね。写真はその腹切坂。

腹切峠

九州12日目(2)…「長崎サッカー紀行」

2005年08月19日(Fri) 12:08:12

フェリーの乗り場にはサッカー選手の平山の垂れ幕などが掛かっていました。なんでも国見高校がこの近くにあるらしく、建物にも「サッカーとたいらガネの町 国見町」と書かれていました。「たいらガネ」ってなんだ?

しばらく、雨宿りしていると空は暗いままだけど雨はやみました。これから降るかもしれませんがとりあえず出発。いざとなれば電車を使う覚悟です。少し進んだ公園でビックリ。なんと公園のトイレにでかいサッカーボールがくっついているんです。よくやるなぁ、と驚きながらも先を急ぎます。しかし、この町、ほんとに綺麗な田園風景が広がります。

田園風景

九州12日目(1)…「雨も晴れも全ては空次第。」

2005年08月19日(Fri) 10:06:04

朝早く熊本を出発します。2日間色々お世話になったユースを後にします。あぁ、ここはまた泊まりたいですね~。今日は、有明フェリーを利用して、長崎を目指します。水前寺を出発し、まずはフェリー乗り場のある長洲へ。熊本へ戻り、国道501線を走ります。この日の早朝はなんだか気持ちよかったですね。朝日を受けて輝くドームとか、爽やかなものでした。以外に距離のある長洲までなんとかたどり着きました。

フェリーから空を見ると、なんだか真っ暗。今までの旅で雨は何度かありましたけど、目的地まで距離を多く残しての雨はなかったので不安です…。とか、なんとか言っているうちに案の定、雨が降ってきました。とりあえず、フェリーの到着地、多良比(たいら)のフェリー乗り場で雨宿りします。

フェリー

九州11日目(3)…「歴史が美しい街・熊本-くいもの篇」

2005年08月18日(Thu) 17:05:15

熊本城観光のあとは、熊本市内をふらつく事に。お腹がすいていたので、まずは腹ごしらえを。「こむらさき」という有名ならーめん店で食事しました。店構えからすると、あまり有名店という感じはしなかったんですが、味はかなりイイ!僕は「王様らーめん」を食べました。値段も580円と手ごろなのでオススメです。

「こむらさき」を出た後は、「草葉(くわは)餅本店」に寄ります。この店は130年も続く老舗だそうです。「冷やし白玉」が美味しそうだったので、入りました。いやぁ、この店はほんとに良かったです。「自転車で九州1周中なんです。」って言うと、店員の綺麗なお姉さんがいろいろサービスしてくれました。

ユースに戻ると、関西から来た高校2年と相部屋でした。高校2年にして、もう色々なところを旅行しているとか。そんな話をしていたら、遅くなってしまい、夕食はコンビにで済ます羽目に。まぁ、そんなこんなで就寝。

草葉餅本店

九州11日目(2)…「歴史が美しい街・熊本-熊本城篇」

2005年08月18日(Thu) 15:04:40

水前寺公園の次は熊本城という、まぁ、定番コースを進みます。熊本城…広い!城が大きいのはもちろん、敷地もそのまま残っている感じですね。敷地内に駐輪場が見当たらなかったので近くにいた係員みたいな人に聞いてみると「あぁ、そこらへんに邪魔にならないように置いといていいんじゃない?」とのこと。まぁ、なんというか、都会と違って寛大ですね~。

さて、自転車を置いたら、門をくぐって城内へと入ります。天守閣の内部は展示になっており(撮影禁止)、面白かったです。最上階は展望室になっており、熊本市内が一望できます。

熊本城

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。