~未だモラトリアムな日々~

This is 21th Century March (21世紀の行進曲)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白川郷・金沢3日目(5)…「観光の定番・兼六園」

2006年02月10日(Fri) 14:59:54

兼六園1

金沢城をふらっと見学した後、兼六園へと入る。もっと雪が積もっている景色を想像していたのだが、思った以上に雪が解けていて少し残念。しかし、それでも、この庭園の雄大さと、繊細さには少し感銘を受けた。

白川郷・金沢3日目(4)…「観光の定番・金沢城」

2006年02月10日(Fri) 13:56:41

金沢城

ひがし茶屋街の後は、金沢観光の定番である金沢城と兼六園へ向かう。雪化粧をした金沢城はなかなか風流である。ちなみにここの近くで試食したあんころ餅が美味しかったのでお土産として買ったら、観光バスのおじさんに「あぁ、そこのあんころは旨いよ」などと話しかけられ、「学生さん?」などの質問にあいしばらく会話。

白川郷・金沢3日目(3)…「古き町並み、ひがし茶屋街」

2006年02月10日(Fri) 12:47:20

ひがし茶屋街1

浅野川を通り抜けて、観光用のポスターなどでも有名な「ひがし茶屋街」にたどり着く。思ったほど人はいない、ってか、ほとんどいなかった。吹き抜ける風は冷たかったが、どことなく懐かしさがこみ上げてくる光景であった。

白川郷・金沢3日目(2)…「清らかな流れ、浅野川」

2006年02月10日(Fri) 09:47:31

浅野川

近江町市場を抜けると、浅野川が眼に入る。豊かな水量。清らかな流れ。この川は「女川」という別名を持つという。柔らかな流れをあらわした名前である。

白川郷・金沢3日目(1)…「活気の市場」

2006年02月10日(Fri) 09:38:51

近江町市場

朝起きると、金沢は雨であった。おとといの大雪もかなり溶けてはいたが寒さは変わらなかった。ホテルから少し歩くと、近江町市場に着く。ここは人の活気で暖かかった。つまみ食いで食った甘えびが美味しかったなぁ。

白川郷・金沢2日目(6)…「金沢の夜は、らーめんの夜。」

2006年02月09日(Thu) 22:05:09

一喜らーめん

白川郷から金沢に戻ると、もう真っ暗。今夜の夕飯はまたもらーめんに。金沢駅から歩いて10分程度の「一喜」に行く。メニューは、ちゃーしゅー麺のみ。味はそこそこ。値段は比較的安めであった。この日はこれでホテルに戻り就寝。

白川郷・金沢2日目(5)…「バイバイ、白川郷」

2006年02月09日(Thu) 17:20:27

白川郷8

今日は、「五時発、金沢行き」のバスに乗る予定だったので、それまでゆっくりしようと思っていた。お食事処で、トチバ味噌なるものを食べると、これが美味しい。
なんて、ことをしていたら、家から電話が。内容は「金沢行きのバスが雪崩れで運休になった。」とのコト。どうしようと思う反面、ある程度は覚悟していたので、大して驚きもせず。いざとなったら、どっか民宿に泊めてもらえばいいや、なんて思っていた。
お土産屋を少し見て周った後、観光総合案内所で色々聞くと、高岡行きのバスが、ルートを変えてはいるが、出ているとのコト。時間はギリギリだったがなんとか、乗る事に成功。高岡経由で金沢に向かう事に。

ばいばい、白川郷!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。